よくある質問

コレケアプラスについて

食前食後など、摂取するタイミングは決まっていますか?
  • 「コレケアプラス」はお薬ではなく通常のお食事と何ら変わらない“食品”ですので、食前食後関係なくいつ召しあがっていただいても結構です。

1度にたくさん飲むと効果は上がりますか?
  • 弊社では1度にたくさん飲まれるよりも通常のお食事と同じように分けて摂取することをお勧めしています。

    人は、「食べ貯め」をすることができず、1度にたくさん食べても体に吸収されない栄養素は排出されたり、身体にどんどん蓄積されていきます。

    健康食品も同じで1日の目安量を1度に摂取してしまうと、吸収しきれない栄養素が排出されてしまいます。

    その為、1日の目安量(4粒)を分けてお飲みください。

どのくらいで効果が出るの?
  • 「コレケアプラス」の使用感を実感できるまでの期間には個人差がございますが、肝臓は60日間、血液は120日周期で生まれ替わると言われておりますので、1日の目安量(4粒)で3ヶ月程度はお続けいただくことをお勧めしています。

    これまでご使用いただいた方からは、身体の調子(目覚め・肌)に変化を感じ始めるのが1週間前後、数値(血中コレステロール値・中性脂肪値)が変化するまで3か月前後というお声を頂いております。

善玉コレステロールが高いから悪玉コレステロールが高くても問題ない?
  • 善玉コレステロール値が高いからといって「安心」とは限りません。
    血液中の善玉コレステロール値と悪玉コレステロール値から計算できる「LH比」が善玉・悪玉のバランスから動脈硬化の状態をよみとる指標として注目されるようになっています。

    コレステロール値は善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス(=LH比)が大切です。
    ※LH比=悪玉コレステロール値(LDL)÷善玉コレステロール値(HDL)
     →1.5以下:健康 
     →2.5以上:要注意

    以前までは悪玉ステロール値が正常範囲であれば心筋梗塞になりにくいと思われがちでしたが、悪玉コレステロール値が正常範囲内であっても善玉コレステロール値とのバランスが悪い場合は動脈硬化が進み、心筋梗塞などの動脈硬化疾患を起こす人が多いことがわかってきています。

    したがって、善玉コレステロール値が高くても悪玉コレステロール値が極端に高い場合は、「LH比」が高くなりますので、悪玉コレステロール値を下げる必要があります。

数値が落ち着いてきたら2粒に減らしても大丈夫?
  • もちろん大丈夫です。
    必ず4粒飲まないといけないというわけではございませんので、ご自身のお身体の調子に合わせ粒数を変えてお飲みください。

保存方法と賞味期限を教えてください。
  • 賞味期限は、製品に記載してありますが、長期間放っておいたり、直射日光や湿度の高い所に保存すると変形することがあります。
    飲用にさしつかえはありませんが、変色がひどい場合は、飲まないようにしてください。

オリーブ果実由来ヒドロキシチロソールとは?
  • 「オリーブ果実由来ヒドロキシチロソール」とは、オリーブの実から抽出したエキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールの一種です。

    強い抗酸化作用があり、血中LDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑制させることが報告されています。

    コレケアプラスには、4粒あたり5.25mgのヒドロキシチロソールが含まれており、厚生労働省から「機能性表示食品」の認可を受けています。

    詳しくは原料のおはなしをご覧ください

紅麹とは?
  • 「紅麹」は穀類などのデンプン質に麹菌を繁殖させたもので、日本酒や醤油、みそ、酢などの製造に不可欠なものとして日本人の生活に深く根づいています。

    大きくは米麹、麦麹、豆麹などの使用途に応じて分類され、また麹菌の胞子によっては、黄麹、紅麹、黒麹に分けられます。

    コレケアプラスには、紅麹から抽出されるモナコリンKが1日分目安(4粒)に、1.6mg含まれています。

    詳しくは原料のおはなしをご覧ください

モナコリンKとは?
  • コレステロールが肝臓で合成される働きを阻害し、血液中のコレステロールを効果的に減少させることが期待できます。

EPA(エパ)・DHAとは?
  • EPAは、エイコサペンタエン酸、DHAはドコサヘキサエン酸といわれる魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。
    ハマチ・イワシ・サバ・サンマなどに多く含まれています。
    血液をさらさらにし、血管を詰まりにくくする作用があり、中性脂肪を減少させる働きも期待できます。
    EPA・DHAはどちらも体内で合成できない必須脂肪酸で食事から摂取する必要があります。

    詳しくは 原料のおはなしをご覧ください。

コエンザイムQ10とは?
  • コエンザイムQ10は、私たちの細胞全てに存在し、健康的に生きていく上で、必要不可欠な物質です。エネルギーを生み出す力や抗酸化に期待されています。
    普段の食事からも摂取出来ますが、1日推奨量(30mg)を摂取しようとするとなかなか困難です。
    年齢と共に減少していく物質なので、積極的に摂取されることをおススメいたします。
    コレケアプラスには、1日目安(4粒)にほうれん草約1束、牛肉約380g、イワシ約2匹分のコエンザイムQ10が含まれています。

    詳しくは 原料のおはなしをご覧ください。

シトリニンの有無について
  • 過去ヨーロッパ等で、粗悪な紅麹に含まれるシトリニンが健康被害を起こし問題となりましたが、弊社で使用している紅麹は国内で製造し、シトリニンを産生しないことを確認した安全なものとなっております。
    また、定期的にシトリニン分析を実施しており、検出されたことはございませんのでご安心ください。

薬を飲んでいますが、大丈夫ですか?
  • 「コレケアプラス」は通常の食事と何ら変わらない“食品”でございますので、お飲みいただいて問題ありません。ただし、病気や薬の種類によって食品の制限がある場合がございます。
    その際は 、「コレケアプラス」の成分表をもとに、主治医の方とご相談ください。

低血圧ですが、コレケアプラスを使用しても大丈夫ですか?
  • 紅麹の血圧におよぼす作用は、血圧が低い場合にはそれ以上下げない、という特徴がございますのでご安心ください。

さば(青魚)アレルギーですが大丈夫ですか?
  • アレルギーについては、青魚の多くはアレルゲンがハッキリしないケースが多いようです。
    「コレケアプラス」の成分表をもとに、主治医の方にご相談の上、ご検討ください。

妊娠中の人が飲んでも大丈夫ですか?
  • コレケアプラスは食品ですので妊娠中、授乳中に使用されても問題はありませんが、他の健康食品と同じように主治医の方にご相談の上、栄養成分の過剰摂取にならないよう注意してください。

痩せているんだけど体重によって粒数を減らした方が良いの?
  • 厚生労働省で提示されている食事摂取基準は年齢での基準となっておりますので、身長や体重によって1日の摂取目安が変わることはございませんのでご安心ください。

お問い合わせ
ページの先頭へ